ミニストップのバイトの評判と口コミ!コンビニの辛い体験談をお話しします

スポンサードリンク

ミニストップでのバイトの体験談です。

 

私はコンビニのミニストップ博多寿店でアルバイトしていましたが、とても大変でした。

 

ミニストップのバイトでは、何もかもが初めてのことばかりで、覚えることが多くて一度では何も覚えられなかったのです。

 

仕事を始める最初にレジの残高計算をするのですが、お金を数えるのが大変で、スケールに小銭を並べている間もお客さんが来るので、接客をしなければなりません。

 

お札を数えている間もお客さんが来るので、残高計算に集中していることができなくて、なかなか終わらないのです。

 

最終的にレジでレシートを出すのですが、残高が0になればいいのですが、誤差が出ることもあって、その時にはノートに記入する必要がありました。

 

ミニストップではファストフードをたくさん売っているので、厨房で冷凍庫から食材を取り出して、解凍したり油で揚げたりしなければなりません。

 

スポンサードリンク

 

その作業中もお客さんが来るとレジをしなければならず、一度にいくつもの仕事を同時にこなすことがとても大変でした。

 

ミニストップの午前中のシフトの時には、午後1時までの勤務です。

 

お昼時間のピークが来て、近所の工場で働いている人やJRの職員の人がランチを買いに来るので、ものすごいお客さんの数になって、二つのレジだけでは捌けないような感じになってしまいます。

 

ほとんどの人はお弁当を温めなければなりません。

 

その間に会計をするのですが、後ろに列ができていると、電子レンジが済むのが待ち遠しい感じになって、とにかくお客さんを待たせないようにするのが大変でした。

 

お弁当によっては、ソースを取り外してから電子レンジに入れなければならないものがあります。

 

それをとってチンして、またそのソースを元に戻すのを忘れることがあって、バイトとしてはとても大変でした。

 

スポンサードリンク