サーティワン バイト 仕事内容

サーティワンのバイトの仕事内容は易しめ?!

スポンサードリンク

サーティワン(31)のバイトの仕事内容を見てみると、飲食店の中では比較的ハードルが低い印象があります。

 

おおまかな仕事内容は、お客さんからオーダーを受けて、アイスを盛って、会計する、という流れです。

 

サーティワンのバイトは火を使う調理がありませんし、店内フロアを一日中歩き回るということもありませんから、体力面でも重労働に入る仕事内容ではありません。

 

ある程度アイスやカップの種類などが頭に入ってアイスをすくう作業が身につけば、サーティワンでは一人前になるのも早いのではないでしょうか。

 

ただし、サンデーの注文が入った場合には盛りつけ技術が必要ですし、クレープを扱っているお店ですとクレープづくりも仕事内容に加わります。

 

さらに、店内の清掃や器具の洗浄、慣れてくるとアイスクリームの発注業もなどもこなすことになります。

 

バイトでもベテランレベルなると、お客さんがどのアイスにしようか迷っている時に、適切にアドバイスするなど臨機応変に立ち回る技術も必要になります。

 

スポンサードリンク

 

サーティワンのバイトは覚えることが多い

サーティワン(31)でバイトを始めて多くの人がつまずくのが、覚えることの多さです。

 

たくさんあるアイスクリームの名前はもちろん、それぞれの味、カップの大きさ、持ち帰りできるかどうか、値段など、覚えることは確かに膨大です。

 

サーティワンのアイスクリームは種類が多い上に名前はどれも長く、見た目の区別がつきづらいのも新人バイト泣かせです。

 

バイトに入ってしばらくは覚えることばかりで相当な労力を使うことになりますが、そこはこらえどころ。

 

先輩スタッフの流暢な接客の様子を見ると焦りを覚えるかもしれませんが、バイトを始めたばかりの頃はみんなそんなものです。

 

覚えることが苦手だと自覚する人は、商品名のリストを持ちかえったりサーティワンが導入しているeラーニングを活用して自宅学習するのもおススメです。

 

熱心な姿勢を認めてもらえば、店長や先輩スタッフから仕事のコツや秘訣を教えてもらえるかもしれません。(2017年3月3日更新)

 

スポンサードリンク