サーティワン バイト 掛け持ち

サーティワンのバイトは冬に掛け持ちする人が増える

スポンサードリンク

サーティワン(31)のバイトはシフトで勤務時間が決まります。

 

学業や家事と両立している人にとってはありがたい働き方ですが、「もっと稼ぎたい」「毎日シフトに入れてほしい」と考える人にとっては物足りない面もあります。

 

他の飲食店のように、深夜勤務をしている店もほとんどないため、サーティワンは他のバイトと掛け持ちをする人が大勢います。

 

掛け持ちをする人が特に増えるのが冬のシーズンです。

 

サーティワンにとって冬は夏に比べてお客さんの数が一気に減る傾向があります。

 

バイト人員も大幅カットを余儀なくされて、シフトも入りずらくなるという事情があるので、冬は別のバイトと掛け持ちする人が増えるのです。

 

自分で複数のバイトのシフトを管理できるのであれば、なんら問題ないようです。

 

ただし、サーティワンのバイトがある程度慣れてから別のバイト先を探すことをおススメします。

 

スポンサードリンク

 

サーティワンのバイトが「楽しい」と感じるのはなぜ?

サーティワン(31)のバイトは「楽しい」という口コミが多いのが特徴です。

 

理由は、「お客さんとのふれ合いが楽しい」「アイスクリームに囲まれて嬉しい」「クレープやサンデーが出来上がった時の達成感がたまらない」などです。

 

サーティワンのバイトは調理など裏方のみの仕事は募集されていないので、バイトを始めると必ず接客を任せられます。

 

もともと人とのコミュケーションが得意な人だけでなく、接客の経験がなかったり、苦手だった人も、サーティワンのバイトをする中で、接客が好き、楽しいと感じるようになる人が少なくありません。

 

お客さんの好みに合ったアイスクリームをおススメするのも楽しいようですし、アイスクリームを手渡した時のお客さんの笑顔や「ありがとう」の言葉も嬉しいんだとか。

 

また、もともとサーティワンのファンでバイトを始める人も多いので、アイスクリームやサンデーなど、自分で盛り付けた完成品を眺めるのも至福の時なのかもしれません。

 

スポンサードリンク