サーティワン バイト やめたい

サーティワンのバイトを「やめたい」と感じる2つの理由

スポンサードリンク

サーティワン(31)のバイトに憧れて始めたけれども、中には長続きしない人もいます。

 

やめたいと感じる理由は大きく2つに分かれます。

 

1つは思ったよりも重労働だということ。

 

サーティワンのバイトは見た目華やかですが、アイスクリームをすくう作業やアイスクリームが入った容器を運搬する仕事、器具や店内の掃除など、体力勝負のつらい仕事が少なくありません。

 

店頭で接客することだけをイメージして始めると、現実との大きなギャップから「やめたい」と感じるかもしれません。

 

サーティワンに限らず飲食店系のバイトはどこも体力勝負の面がありますから、体力に自信のない人は飲食店以外の業種のバイトを選んだほうが無難かもしれません。

 

もうひとつは人間関係です。

 

バイト経験が浅かったり、初めての人に多いのがこちらの理由。

 

店長や先輩スタッフの厳しい指導が辛い上、失敗なども続いて「やめたい」となるパターンです。

 

この場合は、努力することは必要ですが、「最初からできる人なんていない」と、時には先輩たちの怒号を受け流すことも大切です。

 

スポンサードリンク

 

サーティワンのバイトのコツをつかむコツ

サーティワン(31)のバイトを始めると、まずは、スクープでアイスクリームをすくう作業と商品名やフレーバーなどを覚えることの2つに苦労すると言います。

 

多くの人が試行錯誤を重ねて、それぞれのコツをつかんでサーティワンでの仕事を身につけていきます。

 

が、実はそのコツをつかむための大きなコツがあります。

 

それは、サーティワンのバイトの中でも「この人はデキル」と自分が達人認定する先輩スタッフとお近づきになって、そのコツを伝授してもらうことです

 

バイト中に技を盗み見するのも一つの方法ですが、できたらお客さんがいないときなどを見計らって直接教えてもらう時間を作りましょう。

 

その際大事なのは、真剣に聞くこと、メモを取ること。

 

苦労して編み出した技を聞くのですから、聞き手としては当然の姿勢です。

 

熱心な聞き手が目の前にいると、誰でもリッピサービスしたくなるものですよ。

 

技をマスターしたらお礼の気持ちを伝えるのも忘れずに。

 

スポンサードリンク