サーティワン バイト 腱鞘炎

サーティワンのバイトの職業病は腱鞘炎

スポンサードリンク

サーティワン(31)のバイトの口コミには「腱鞘炎」のキーワードが頻繁に登場します。

 

サーティワンのバイトが体力面で辛いと感じる人は、この腱鞘炎が原因のことが少なくありません。

 

サーティワンで最初に一番苦労するのは、オーダーを受けたアイスクリームをスクープという器具を使ってすくう作業。

 

アイスの固さはそれぞれ違い、ただやみくもにすくえばいいわけではなく、カップやコーンに丸く収まるように美しくすくう必要があるのです。

 

この技をマスターしないことにはいつまでたっても見習いのままなので、この作業の練習が新人バイトの最初の使命になります。

 

うまくできないと特訓を余儀なくされる店もあるようで、この練習のやりすぎで発症してしまうのが腱鞘炎です。

 

マスターしてもキャンペーン中など忙しい時には再発する人もいるようです。

 

ただし、腕力が弱くてもちょっとしたコツをつかむことで腱鞘炎にならずに済んでいる人もいるようです。

 

スポンサードリンク

 

サーティワンのバイトは身長制限があるの?

サーティワン(31)の店頭スタッフを見ると、背の高いスマートな人が多い印象を受けます。

 

青色の縦ストライプの入ったユニフォームがそんなイメージを与えるのかもしれませんね。

 

バイトを希望する人の中には「身長が小さいから採用されないのでは?」「低い身長で合うユニフォームはあるの?」と不安になる人もいるようです。

 

しかし、もちろん心配はありません。

 

少なくとも「身長が低い」という理由で採用されなかったという人は見当たりません。

 

サーティワンのさまざまな店舗をのぞくとわかると思いますが、バイトしている人の中には身長の高い人もいれば、低い人もいますし、スマートな人もそうでない人もいます。

 

バイトを採用する側としては、身長の高低や容姿よりも、笑顔や表情、接客業にふさわしい雰囲気などに基準を置いています。

 

ただし、サーティワンは比較的高めのカウンター越しにお客さんとやり取りするので、どちらかというと背の高い人の方が接客しやすいという面はあるのかもしれません。

 

スポンサードリンク