サーティワン バイト 落ちた

サーティワンのバイトに落ちた2つの理由

スポンサードリンク

サーティワン(31)のバイトの面接で「落ちた」という人の口コミを見ると落ちた理由には2つの特徴が考えられます。

 

1つは物理的条件が合わないこと

 

勤務時間について店側の提示する条件と自分の希望とが合致しないことや、店から自宅までの距離が遠すぎる、などです。

 

2つ目は店側に与えた印象です。

 

サーティワンは接客業の中でも、特に女性や子供がお客さんとなるお店ですから、そうした客層に合うかどうかという点です。

 

ただ明るく元気が良ければいいというわけではなく、小さな気配りや優しい笑顔などもポイントです。

 

物理的条件はクリアして、ハキハキ元気よく面接に臨んだのに落ちたという人は、そういう点が原因なのかもしれません。

 

バイトの面接で落ちた経験をすると、トラウマになる人も少なくありません。

 

サーティワンとは違う雰囲気のバイトではすんなり合格する場合もありますので、気を落とさないことが大切です。

 

スポンサードリンク

 

サーティワンのバイトでは志望動機はかなり重要

サーティワン(31)のバイトの面接の日程が決まったら履歴書の作成に取り掛かりましょう。

 

意外に落とし穴になるのが志望動機の欄です。

 

バイト経験がなかったり浅かったりすると、「お金が欲しいから」「家が近いから」などで済ませてしまう人もいますが、これは考えものです。

 

店側は、この志望動機の文章によって、人柄、熱意、一般常識、サーティワンで働く人としてふさわしいかどうか、などを見ています。

 

誇張したり嘘を書くことはNGですが、「この人を採用したい」と面接官の心を動かす工夫が大切です。

 

応募する理由とは別に、なぜサーティワンなのか?という点を加えると印象が変わります。

 

接客スキルを学びたい、お客さんとの触れ合いを大切にしたい、サーティワンのアイスクリームが好き、など等身大の自分の言葉で表現してみましょう。

 

志望動機はバイトの面接で直接聞かれる場合もあるので、家族や友人に協力してもらって実際に練習してみることをおススメします。(2017年4月30日更新)

 

スポンサードリンク